現代人は胃痛に悩まされがちです

胃痛を引き起こす病気は色々あります。
中でも、急性胃炎や十二指腸潰瘍などに多く見られる症状です。
急性胃炎は暴飲暴食やストレスが主な原因とされていますが、薬剤の影響による胃粘膜の炎症が原因になることもあります。
十二指腸潰瘍も薬剤やストレスが主な原因ですが、ピロリ菌が原因のことも多いです。
治療は薬物療法や食事療法が中心になります。
ピロリ菌の除去も有効です。
最近は、漢方薬で胃の不調を改善しようとする人も多くなってきました。
半夏瀉心湯はよく処方されます。
四君子湯や附子理中湯、大柴胡湯なども状態によって処方されることが多いです。
漢方薬は今やドラッグストアでも買えるようになりました。
しかし、なるべくなら漢方専門医がいる病院できちんと処方してもらうようにしたいです。
また、食事にも気を配らなくてはなりません。
胃痛を和らげるにはキャベツがおすすめです。
じゃがいもや大根も胃腸を丈夫にしてくれる作用が期待できます。