多くの人が悩まされている体の不調

頭痛は多くの人が経験する不調ですが、症候性頭痛と慢性頭痛に分けられます。
前者は脳出血やくも膜下出血、髄膜炎などの大きな病気が原因で起こる頭痛です。
後者はとくに原因となる病気がないのに、長期間続くのが特徴になります。
頭痛に悩まされている人のほとんどは慢性頭痛です。
慢性頭痛にも数種類ありますが、偏頭痛も血の人は少なくありません。
緊張型頭痛はストレスを抱えている人が悩まされることが多いです。
群発頭痛は目の奥がえぐられるような激しい痛みが特徴で、普段の生活に支障をきたします。
頭痛は病院に行ってもどうせ治らないと放置する人も多いですが、それではいつまで経ってもよくなりません。
積極的に改善するように行動すべきです。
最近は、頭痛の治療に漢方薬の服用を選択する人も増えてきました。
呉茱萸湯が処方されることが多く、人によっては葛根湯や釣藤散が処方されることもあります。
また、首や肩の筋肉をほぐすことも大事です。